ザガーロはAGAに対し改善効果がある医薬品です。有効成分のデュタステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬でした。治療の過程で薄毛の改善にも有効であることが分り、2015年に国内で認可されました。

ザガーロの効果・副作用


AGAの治療薬として使われているザガーロは、前立腺の治療をするために開発された有効成分ディタステリドが主成分です。ディタステリドの作用は、5α還元酵素阻害薬といって、抜け毛の原因となるテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を、その過程で必要な酵素の働きを阻害することで防ぎます。

ザガーロの効果について

テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換に使われる酵素「5α還元酵素(リダクターゼ)には2種類があります。同じ5α還元酵素阻害薬でもその一方だけにしか作用がないのですが、ザガーロの場合にはどちらの働きも抑えることが出来るので、より多くの人の治療を抑えることが可能になります。

服用を始めたら、どのくらい期間でAGAを改善できるのかというと、毛が生え変わるヘアサイクルが関係してきますからたちどころに、というわけにはいきません。大凡の目安として3ヶ月から半年くらいはかかると考えておいたほうがいいです。もし薄毛改善が目に見えてきったとしても、それはまだ安定している状態とはいえません。少なくともそこから半年以上は服用を続けて様子を見ましょう。

ザガーロの飲み方について

では、飲み方について見ていくと服用方法は1日に1回だけです。カプセルになっていて、中身の成分が体内で吸収されるように噛まずに飲んでください。薬では食前や食後と食事が飲むタイミングの基準になりますが、ザガーロについては、いつ飲んでもかまいません。注意しなければいけないのは、服用したら次は24時間が経過するまで待つことです。継続的に服用するためには、決まった時間に飲む習慣をつくることです。

ザガーロの禁忌事項について

禁忌事項としては、未成年は安全性が確認されていないので服用することが禁じられています。それから妊娠していたり、授乳をしている女性、小児も同様に服用してはいけません。とくに妊娠中でお腹の中にいるのが男の子だったとき、ディタステリドの成分が、男性器の発育などを阻害してしまう恐れがあります。肌に触れても成分が吸収されるので、周辺にザガーロを置くことのないよう注意する必要があります。

服用すると血中に成分がのこるので、献血はできません。服用をやめてもまだ残っている可能性があるので半年以上は献血しないようにしましょう。

ザガーロの副作用について

薬ですから副作用が出てくることもあります。症状としては勃起不全や性欲減退といった男性機能に関する症状のほか、重篤な場合には肝機能障害がでてくることもあります。それらの症状が出たときには、すみやかに服用をやめて病院へ行きましょう。