リアップX5プラスは医学的に効果が証明された育毛剤です。壮年性脱毛症(AGA)の治療を対象としており、気になっている部分に塗ることで、脱毛の進行を防止する、発毛や育毛を促す作用があります。

リアップの効果・副作用


リアップX5プラスは医療品として取り扱われている男性専用の発毛剤の中の一種です。壮年性抜毛症が発症してしまった際に患部に塗ることで、抜け毛などの脱毛が進行してしまうことを防いだり育毛や発毛を促進する効果を発揮することが可能です。毛包に向けて直に働きかけ、たんぱく質を作ったり細胞が増加することをサポートして毛髪が生じたり育ったりすることを手助けしていきます。

リアップの効果について

リアップX5にはミノキシジルと呼ばれる主成分が5%含まれており、壮年性脱毛症になった毛包に働いて二種類の効果を発揮します。一つ目は休止期間である毛包を成長期間へ導いていくことです。新しい毛髪が生まれやすくなって改善を期待できます。二つ目は初期の成長をしている毛髪を後期の成長にすることです。小さくなってしまった毛髪を拡大さらに深く成長するように促すことで、毛髪の成長を手助けしていきます。

リアップの使用方法について

使用する回数は1日に2回です。1回に使用する量は1mlであり、脱毛している頭皮を対象として塗ります。用法・用量で設定されているものより回数を増やしたり量を多くしても、効果が高まるということはないのでしっかりと守るようにしましょう。成人を迎えた20歳以上の男性だけが対象です。ヘアセットスプレー・整髪料を使いたいときは、リアップX5プラスを塗った後に使用します。染毛剤を使いたいと考えている場合は、染毛を完了させた後に使います。

リアップの禁忌事項について

禁忌事項は女性や20歳を迎えていない未成年の男性は使わないということです。甲状腺疾患を患っているときに起こる脱毛や円形脱毛症になっているときは使用を控えるようにしましょう。
化粧品や薬を使ったときにアレルギーが生じた経験がある場合、65歳以上の人、腎臓・心臓などに何らかの障害があるとき、血圧が低すぎたり高すぎる場合、むくみがひどいときなどという症状がある場合は、使う前に医師や薬剤師に受診してもらうと安心です。薬などを服用している人で飲み方によっては副作用が発生することもあります。

リアップの禁忌事項について

主な副作用は、塗った皮膚の部分がかぶれたり炎症を起こしたりかゆみが生じる・胸痛・心拍数が増加する・血圧が下がってしまう・頭痛やめまいが起きる・体重が急に増加する・手や足がむくんでしまうなどです。全体に対して副作用が生じる確率は約8%です。その主な内訳は接触性皮膚炎が2%、毛のう炎が2%、そして湿疹が2%となっています。身体に何らかの異常が起こった際はなるべく早く医師や薬剤師に診療してもらうことが必要です。