ミノキシトップの効果・副作用


ミノキシトップは抜け毛の症状が気になる部分に塗布して使用するタイプの育毛剤で、ロゲインのジェネリック医薬品に該当しています。

ミノキシトップの効果について

主成分はミノキシジルで、国外でつくられている医薬品のリアップやログインに使われている成分と同じです。インドの製薬メーカーによって開発された特徴があります。ミノキシトップは二つの種類が販売されていて、成分の含有量が5パーセントのものと10パーセントのものの二つです。5パーセントが配合されているものはドラッグストアなどで販売されているリアップと同じ配合量となっています。10パーセントとなるとリアップよりも強い発毛作用が期待できるでしょう。国内ではまだ未承認の薬であるため、購入する場合には個人輸入代行の通販を利用することになります。

ミノキシトップの使用方法について

このようなものを使うときには、使い方や飲み方などをしっかり守る必要があります。ミノキシトップの使い方としては、1日に2回、抜け毛が気になる部分に塗布をします。一回で使う使用料は1mlで、スポイトを使って頭皮に塗り、成分が浸透するようにマッサージをします。一度塗布したら次の塗布までには12時間をあけ、1日当たりの限度量を超えて使用したとしても、効果が上がるわけではないため注意しましょう。薬を塗布した後はべたつきを感じることがあるので、できる限り寝る前に使うことはやめた方がよいかもしれません。効果が実感できるまでの期間としては、半年ほどは見ておいた方がよいでしょう。即効性が期待できる医薬品ではないため、毎日継続的に使用する必要があり、自分で判断して使用を中止することをお勧めできません。

ミノキシトップの副作用について

ミノキシトップを使用するのであれば、できる限り早い段階で治療をスタートすることが理想です。例えば頭皮の地肌が見え始めてきたころや抜け毛が気になり出したらすぐに治療を始めることをお勧めします。AGA治療薬の効果としては、毛根の成長を促進させたり、抜け毛の進行を止める作用が期待できます。毛根が破壊されてしまえば回復の見込みはなく、比較的若い年代の人ほど効果が現れるのが早いと言われています。ミノキシトップを使用する場合には、内服薬を併用することをお勧めします。内服薬には発毛を促進させ、抜け毛を予防する効果が期待できるので、お互いの薬の相乗作用も期待でき症状の改善に導きます。禁忌事項としては、女性の使用や18歳未満の使用が挙げられます。また妊娠銃や授乳中の女性が使用すると母乳に移行して子供に影響が出る可能性もあるため十分に注意しましょう。