プロペシアのジェネリックのなかで一番人気の商品がフィンペシアです。プロペシアと同様の成分で、抜け毛を抑える効果が期待できます。

フィンペシアの効果・副作用


フィンペシアは、AGAの治療薬で有名なプロペシアのジェネリック薬です。世界中で愛用され、日本人男性の間でも薄毛を改善できるとして人気があります。
フィンペシアの主成分は、基本的に先発薬のプロペシアと同じです。プロペシアと同じくフィナステリドを主成分としているので、同じ効果を期待できる一方副作用にも気を付けなければいけません。

フィンペシアの飲み方は、1日に1回1錠だけです。1日1回なら飲むタイミングは決められておらず、自由に飲んで構いません。ただしフィンペシアは継続して飲むことが重要なので、飲み忘れてはいけません。ですから飲み方のタイミングとしては、朝や夜など特定の時間に決めておくと良いでしょう。

フィンペシアの効果について

フィナステリドを飲み始めると、まず初めに初期脱毛が起こります。初期脱毛の症状が起きると効果がないと思いがちですが、この時点で服用を中止してはいけません。抜け毛が増えても飲み続けることによって、薄毛は改善してきます。効果が現れるまでの期間は人によりますが、半年から1年程度は必要になるので根気よく飲み続けて下さい。

フィンペシアの副作用について

フィンペシアを飲むうえで最も注意したいのは、副作用と禁忌事項です。副作用として最も注意しておきたいのは、肝機能障害です。肝臓の病気を現在・過去に経験している人はもちろん、健康診断などで肝機能の低下を指摘された男性も使用は避けましょう。

主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンを抑える働きがあります。そのため体内に摂取すると男性機能に障害を与える可能性があり、性欲の減退や勃起不全などの症状が現れることもあります。男性機能に影響を与える可能性は低いとされていますが、妊活中の場合は注意が必要です。

フィンペシアに注意するのは、男性だけではありません。女性が服用しても効果はなく、妊娠中の場合は触れただけで胎児に悪影響を与えるとされています。女性がフィンペシアを触るのは禁忌事項の一つですから、保管する際には細心の注意を払い手がフレアに場所に置いておきましょう。

他にも副作用としては、腹痛・めまい・食欲減退などがあります。軽いものから重いものまでいくつもの副作用がフィンペシアにはあるので、服用前には禁忌事項について医師の説明を受けるようにして下さい。また服用後に体調の異変を感じる症状が現れたら、すぐに使用を中止して医師に相談し診察を受けるようにしましょう。服用する際には、注意点や禁止事項を守るようにして下さい。