ザガーロと同様の成分を含む医薬品がアボルブです。アボルブはザガーロが発売される以前から、有効成分にAGA治療の効果があると話題になった商品です。

アボルブの効果・副作用

アボルブはAGAの原因であるホルモンを抑制する

私たちは、母親から生まれ乳幼児期を経て少年期、青年期へと成長します。その間には、私たちが人間としていくための様々の体の部分が作られ変化していきます。これらは主にホルモンと呼ばれる物質が分泌される事により起こります。ホルモンには様々の種類があり、私たちの精神面や肉体面に大きな影響を及ぼします。乳幼児から青年期にかけての人間の体が作られる時期には、生殖器や体毛に大きな変化が起こり男女の違いが大きくなってきます。

体毛については、幼児期では全体としてあまりなく、比較的多い頭部についても成人と比べると少なくなっています。しかし、少年期から青年期にかけてこの事情は大きく変化します。全身の体毛が多くなりわきの下や性器の周りなどにそれまでなかった体毛が生じてきます。これらの変化は、ホルモンの一種である成長ホルモンや性ホルモンが関係しています。

この様に青年期までの期間において、人間の体のほとんどの部分が完成されていきます。筋肉や骨格もたくましく発達していき、活動の強く速く行う事ができるようになります。この様なホルモンの分泌により、初期にはアンバランスによる不安定な期間もありますが、肉体的な発達とともに精神的な発達も行われ成人としての立ち居振る舞いが身についてきます。

青年期において完成した肉体は、その後、肉体的精神的な牽引役であるホルモンの分泌の低下に伴い老化現象を生じる事になります。特に早い時期に目立つのが白髪や脱毛です。肉体的にはまだまだ頑張れると思っているのに、この様な物理的変化が起きる事にショックを受ける人が多く、その緩和や改善について様々の側面から研究が進んできています。

AGA治療薬のアボルブは男性型脱毛症の原因物質である男性ホルモンを抑制することで頭皮の環境を良くすることができます。

アボルブの効果について

中でもAGAの改善薬であるアボルブの研究は近年進んできています。アボルブはの主成分であるデュタステリドには、AGAの主な役割を持つ男性ホルモンを抑制する作用がある事が明らかとなってから盛んに研究が行われAGAの改善に用いるようになりました。

相乗効果が期待できる飲み方として、ミノキシジンを主成分とする薬との併用が推奨されたいます。禁忌事項としては、5α還元酵素阻害薬への過敏症のある方や女性や幼児、および、肝障害のある方への投与が挙げられています。これらの方々への投与は基本的には行わない方がいいでしょう。

アボルブの副作用について

また、副作用による症状として、肝機能障害や黄疸などの肉体的なものに加え、食欲減退や全身倦怠感などの倦怠感を伴うものに加え、性欲減退や勃起機能不全などの性機能に関する障害がありますので、専門の医師の監督下での服用が必要です。