薄毛が気になるものの忙しくて病院へ行く暇がないあなたには、AGAのセルフチェックがおすすめです。

AGAのセルフチェック


AGAという言葉は最近よく耳にしますが、男性型脱毛症を略したものであり、男性ホルモンの変化が原因で起こる薄毛のことを指しています。

セルフチェックシートで状況を把握する

髪の毛が薄くなるというのは男性ホルモンの影響となると、精力が強いという意味でポジティブに受け取る人がいないでもないですが、ほとんどの人は若々しさという印象を阻害するので、避けたいものの一つになっています。状況を正しく把握して、必要なら手を打つ必要があることになります。

まずは、AGAになりつつあるのかをセルフチェックシートなどを使って進行状態を自宅などでも確認することが大事です。

  • 額の生え際がM字を呈してきている
  • 徐々にこめかみの剃りこみが深くなっている
  • 生え際が後退してきた
  • てっぺんハゲがO字に変化してきている
  • お風呂の排水溝などに抜け毛が多く見られる
  • ベッドシーツにも抜け毛が落ちている

遺伝子チェックでハゲやすさがわかる

もう一つは、AGAにかかりやすいかどうかの遺伝子チェック(遺伝子検査)をします。

  • 薄毛の家系である
  • 顔や頭皮のアブラである皮脂の分泌が多い

さらには、その他で髪の毛に悪い影響を与えることをしていないかになります。

  • 食生活が偏っている
  • 睡眠が不規則で十分でない
  • ストレスがたまっている
  • 煙草を吸っている
  • お酒をたくさん飲む

これらはみなAGAを招く原因となっています。

チェック結果からAGA治療のプランを立てる

遺伝ということでは避けて通れないことがありますが、それでも父親の血筋と母親の血筋の違いなどもあり、なかには親がそうであっても子供は髪の毛がいつまでもふさふさしているケースもあるので、あきらめる必要はありません。しかし、生活習慣からくるものは、心がけと努力で改善できるので、これにはしっかりとした対策を講じることが肝要となります。

特にストレスについては、精神面だけでなく、肉体的にも悪い影響が強いので気を付けた方がいいでしょう。子供のころも小さなはげなどのことを思い出せば納得がいくはずです。

そして、こうしたことだけでなく、もっと専門的な検査をしたいということであれば、AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キットというものが市販されているので、それを利用するのもいいでしょう。

専門的に検査してもらい、早期治療で何とかしたいという人は、一人で悶々と悩んでいないで、専門の病院で検査をしてもらい、早いうちに手を打つことをおすすめします。

一番避けなければならないのは、誰にも知られずに治したいという一心で、いかがわしい薬などのお世話になることです。これまでの事例ではかえって悪くしたということも少なくありません。