AGAの原因は、髪の毛の成長サイクルが乱れることにより、髪の成長期が短くなることで発生します。生活を見直ししつつ必要に応じて治療薬で改善していくのが得策です。症状が重度な場合はAGA専門のクリニックで治療を受けるのがよいでしょう。

AGAの原因と改善方法

AGAはヘアサイクルが乱れることにより、髪の成長期が短くなって発生します。本来成長するべきサイクルであるのに、退行期・休止期に突入してしまうわけです。

髪の成長期が短くなる原因は男性ホルモン

ヘアサイクルが崩れるのは女性にも言えることですが、男性の場合は男性ホルモンの分泌が大きく関わっています。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの作用によってジヒドロテストステロンに変換されることで、毛母細胞の活性を奪ってしまうのです。成長サイクルが短くなると、細くて弱々しい髪が目立つようになってきます。AGAの怖いところは放置しておいて自然に治ることはなく、着実に進行していくことです。

AGAを発症すると髪の成長期は半分以下に短縮される

男性のヘアサイクルは2~7年が一般的ですが、AGAになると1年未満にまで短くなります。髪が太くなる前に抜けてしまうため、全体的にスカスカになってくるのです。

AGAの対策では自毛植毛がベストですが、これは最終手段と考えておきましょう。現在は効果のある治療薬が複数登場しており、髪を復活させることが可能になりました。プロペシアで男性ホルモンの作用を抑制したり、ミノキシジルで血行を促進したりする対策が効果的です。

対策は一日でも早いほうが好ましいため、まだ大丈夫と放置しないようにしましょう。

AGAの対策は早めがベスト

最も避けたいことは自分が薄毛であると認識せず、対策を遅らせてしまうことです。

髪型の工夫をして薄毛を隠すという方はいますが、すでに薄毛が始まっている現実から逃げるのはよくありません。髪型で隠すのではなく、髪そのものを増やしていくケアが必要でしょう。

不規則な生活習慣を見直す

AGAは男性ホルモンの過剰分泌が大きな原因ですが、生活習慣も一因となっています。

不規則な生活は頭皮に影響を与えてしまうので、頭皮環境を改善するためにもバランスのよい食事、ストレス解消を意識してください。食事はタンパク質を意識して増やし、髪の材料を補給してください。ビタミンは代謝を正常にする作用があり、育毛のために欠かせない成分です。ストレス解消のためには睡眠が鍵となるため、質のよい睡眠を意識してください。

頭皮環境の改善をベースに、AGA治療薬をピンポイントで使う

生活習慣が不規則になるほど、洗髪後の抜け毛が気になるようになります。頭皮環境を改善させるためには、今までの生活習慣を見直していくことが大事です。AGAは突発的に発生するものではなく、生活習慣の乱れが固定化することが原因となっています。生活を見直ししつつ必要に応じて治療薬で改善していくのが得策です。症状が重度な場合はAGA専門のクリニックで治療を受けるのがよいでしょう。