AGA(男性型脱毛症)に対して高い効果があるのがAGA治療薬です。フィナステリドが主成分のプロペシア、ミノキシジルが主成分のリアップ、デュタステリドが主成分のザガーロです。3つの成分をそれぞれ組み合わせることで効果的なAGA治療が可能になります。また、3種類とも通販でも購入できるので、自宅にいながらAGA専門クリニックと同等の治療が行なえます。

AGA治療薬の効果・副作用、種類と通販方法

男性ホルモンや遺伝の影響により、髪の毛が薄くなってしまう男性型脱毛症は「AGA」とも呼ばれています。AGAを改善するためには生活習慣を改善すると共に治療薬を使用する必要があります。

AGAを発症してしまった個人個人の原因に対し、適した治療薬をチョイスすることで、効果的なAGA治療がおこなえます。

AGAの原因と改善方法

AGA治療薬の効果とは

現在、日本で認可を受け、使用されている治療薬は外用薬と内服薬の2種類に分けることができます。

頭皮に塗って血行を促進するローションタイプ

外用薬は発毛剤や育毛剤のように、頭皮に直接塗りつけるタイプを指します。

このタイプは髪の毛を作り出す毛母細胞を増やすことにより、髪の毛を増やすようにするというものです。髪の毛だけではなく、体毛は毛周期というサイクルを繰り返しながら日々生え変わっています。AGAを発症した場合、成長期が短くなってしまうことで髪の毛が十分に育たないまま抜け落ちてしまうことで薄毛になってしまいます。

外用薬を使用することで、毛乳頭細胞を刺激し、毛を作る毛母細胞を活発に分裂させる作用を期待することが出来ます。毛包が成長することで、髪の毛が太く長くなります。

外用薬には、頭皮の血管を拡張子、血流改善効果も期待することが出来ます。髪の毛への栄養は全て頭皮の毛細血管によって運ばれます。血流を改善させることによって、髪の毛を作り、成長させるのに必要な栄養を十分に運ぶことが出来るため、薄毛を改善させることに繋がります。

頭皮の内側から男性ホルモンを抑える飲み薬タイプ

内服薬は薄毛の原因となる男性ホルモンを作る酵素の働きを抑えるという作用を期待することができるものです。

テストステロンという男性ホルモンは酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンが前頭部や頭頂部の毛根に作用することによって、髪の毛の成長期が短くなり、次第に細く短くなってしまいます。内服薬はテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる酵素の働きを抑えるため、結果的にジヒドロテストステロンの量が減少し、前頭部や頭頂部の髪の毛を回復させる事ができるのです。

いずれのタイプも継続して使い続けることで効果を発揮する

AGA治療薬は外用薬にしても内服薬にしても、すぐに効果があらわれるわけではありません。継続して使用することにより、効果を得ることが出来るものですので、ある程度の期間継続するということが必要になります。どの程度継続することで、効果を得ることが出来るのかは、個人差があるため一概には言えませんが、最低でも半年程度は継続する必要があるとされています。また、いつまで服用し続けるのかということも決められておらず、一人ひとりの状況に合わせて調整することとなります。

AGA治療薬の副作用とは

AGA治療薬には副作用もあります。外用薬、内服薬ともに、異なる副作用が現れることがあります。

外用薬の副作用

AGA治療薬の外用薬は元々、血圧を下げるという作用のある薬です。そのため、誤って体内に入ってしまうと、血圧に影響を与える可能性があります。

日常的に何らかの医薬品を服用しているという場合には、それらに悪影響がある可能性もありますので、十分に注意をする必要があるでしょう。さらに、頭皮に直接塗りつける塗り薬ということもあり、薬を塗った部分に発赤やかゆみ、かぶれ、フケの増加などがあらわれることがあります。

一見すると関係がないように思われる副作用として、頭痛やめまい、胸の痛み、むくみなどの報告もありますので、このような症状が見られた場合にはすぐに使用を中止すると共に、医師に相談をするようにしましょう。医師に相談をする時には、使用したAGA治療薬を持参するとスムーズに治療を受けることができます。

内服薬の副作用

AGA治療薬の飲み薬は発毛効果が期待されている治療薬ではありますが、循環器障害があるという場合や日常的に医薬品を服用しているという場合、何らかの疾患があるという場合には、副作用があらわれる可能性があります。服用をする前にかかりつけ医に影響を確認してから服用をしましょう。

また、AGA治療薬の飲み薬は未成年や女性が使用することは禁止されています。その理由としては、成人男性に対しては有効性は確立されていますが、未成年もしくは女性に対する有効性や安全性は検証されていないためです。妊娠している女性が治療薬を服用した場合、胎児の生殖器の発育に影響を及ぼす可能性があるとされているため、注意が必要です。

内服薬に関しては、服用をするだけではなく、治療薬の有効成分が皮膚からも吸収されてしまう可能性があるため、触れるということも避けたほうが良いとされています。その他にも、副作用として食欲不振や肝機能障害、性欲低下などがあらわれる可能性があるという事が分かってきています。

基本的にAGA治療薬の錠剤は表面がコーディングされているため、そのままの状態であれば薬の成分に直接触れるということはありませんが、有効成分の量によっては服用する時に分割する必要があるということもあります。万が一のトラブルを防ぐためにも分割をして服用する必要があるという場合には、他の人の手に触れないように保存をしておくことをおすすめします。

なお、正しい方法で使用しても、なかなか効果が出ないという人も存在します。もし、1年以上継続して使用しても全く効果が無かったという場合は他の治療法も検討するべきでしょう。

AGA治療薬の種類

頭皮に塗るタイプのAGA治療薬と、服用するタイプのAGA治療薬をそれぞれ見ていきましょう。医師の診断の結果、どちらか一方だけを使用することもあります。ただ、2つのタイプを併用する方が、より高い育毛・発毛効果が期待できます。

プロペシア


プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、日本国内だけでなく、世界中の医療機関で使用されています。

プロペシアの主成分はフィナステリドで、薄毛や抜け毛を改善する効果があります。フィナステリドには、男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロンの作用を抑える働きがあります。

プロペシアの効果・副作用

リアップ


リアップは医療品として取り扱われている男性専用の発毛剤です。リアップはドラッグストアなどでも購入できますが、効果が高いだけに副作用の危険も高い、第1類医薬品に該当します。薬剤師から購入しなくてはいけないため、不在時には入手できないこともあります。

リアップには有効成分としてミノキシジルが含まれています。髪が抜け落ちてしまった患部に直に塗ることで、抜け毛などの脱毛が進行してしまうことを防いだり、育毛や発毛を促進する効果を発揮することが可能です。毛包に向けて直に働きかけ、たんぱく質を作ったり細胞が増加することをサポートして毛髪が生じたり育ったりすることを手助けしていきます。

リアップの効果・副作用

ザガーロ


AGAの治療薬として使われているザガーロは、前立腺の治療をするために開発された有効成分・ディタステリドが主成分です。抜け毛の原因である、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を防ぐ働きは、プロペシアと同じです。

ザガーロが注目された理由は、ジヒドロテストステロンへの変換を、より広範囲で抑えるからです。テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換に使われる酵素は2種類あります。プロペシアは同じ5α還元酵素阻害薬でも、片方にしか作用しません。ザガーロは、2種類の酵素の働きを抑えることができます。

ザガーロの効果・副作用

AGA治療薬の通販方法とは


日本国内でAGA治療薬を購入しようとした場合、残念ながら町の薬局や楽天やAmazonなどの通販サイトで購入できません。購入する場合には医療機関を受診し、診察を受けた上で処方して貰う必要があります。

また、治療薬については、保険が適用されないため、全額自己負担となります。一度に処方してもらう事が出来る治療薬の数量には限度があるため、定期的に診察を受ける必要があるため、近くに医療機関がないという人や頻繁に通うのが難しいという人にとっては負担に感じられるかもしれません。

通販感覚で利用できる個人輸入を活用する

医療機関を介さずにAGA治療薬を購入する方法として、個人輸入という方法があります。

これはその名の通り、海外から医薬品を個人的に輸入するという購入方法です。海外から輸入した医薬品を日本国内で譲渡・売買することは薬事法によって禁止されていますが、購入者個人が使用することは禁止されていないため、海外から医薬品を輸入するということは法律に違反する行為ではありません。

通販のメリット

個人輸入というと、手続きが難しいというイメージもありますが、代行業者を利用することによって通販感覚で購入することが出来ます。個人輸入のメリットとしては、自宅にいながらにしてAGA治療薬を購入することが出来るということがあります。また、医療機関を介した場合と比べると安価に同じ成分の治療薬を購入することが出来るということもメリットと言えるでしょう。

通販のデメリット

一方のデメリットとしては、手にした治療薬が必ずしも本物であるとは限らないということです。

本物と比較しても見分けがつかないような精巧に作られている偽物もあり、素人が見ただけで偽物を発見することは不可能に近いと言えます。代行業者の中には、成分鑑定を行っているというところもありますので、代行業者を利用する場合には、成分鑑定の有無を確認しましょう。

偽物を服用した場合、発毛効果を期待することが出来ないばかりか最悪の場合には命の危険にさらされる可能性もあります。そして、治療薬は正しい方法で服用しなければ効果を得ることは出来ません。海外で使用されているAGA治療薬の中には、有効成分の内容量が日本の医療機関で処方されているものとは異なるものもありますので、注意が必要でしょう。

AGA治療薬は医師の指示なしに使用した場合、重大な健康被害が生じる可能性のある医療用医薬品に分類されています。個人輸入で購入することが出来ないわけではありませんが、危険を伴うということを理解する必要があります。

AGA治療薬を通販する方法